人気ブログランキング |

大船渡青年会議所の活動報告・紹介をしていきます


by ofjc21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:例会( 49 )

2月4日(金)大船渡商工会議所にて行われた2月例会。
今回は大船渡青年会議所メンバーの代表6名が、自身の会社の概要、普段の仕事の内容、サービス、自社のPR等をそれぞれ1社10分という持ち時間で写真等の映像を使ってプレゼンを行いました。
2月例会の詳細はこちら

*発表者
①小松真一君【ネクストハウス勤務】(建設業)
②金 貴之君【鎌田水産㈱勤務】(水産業)
③鳥井絹氏君【とりい荘勤務】(ホテル業)
④伊藤 言君【AIGエジソン生命保険勤務】(保険業)
⑤三浦英和君【㈱アマタケ岩手本社大船渡工場勤務】(食品製造業)
⑥熊谷誠哉君【新星車体勤務】(車体修理業)
e0075103_1242065.jpg
e0075103_1148692.jpg
e0075103_1149555.jpg
e0075103_11493062.jpg
e0075103_11495433.jpg
e0075103_11505016.jpg
e0075103_11513588.jpg
e0075103_1318581.jpg

        

2月例会を企画・運営を担当された事務局の濱守秀和専務、佐藤優子事務局長に例会終了後インタビューを行いました。

総務委員会 :この例会を企画した経緯をお聞かせください。

濱守専務  :メンバーが自分自身の会社のことを、違う業界のプレゼン見ることで、
        新たな発見や気づきがあるのではという考えから企画致しました。
        また、若手の方々にプレゼン力を高めていただきたいという想いもありました。

佐藤事務局長:普段接している仲間と、職場・業務内容を把握することで、
         情報共有ができると思いました。

総務委員会 :苦労した点はありますか?

濱守専務  :事務局のメンバーが3人だけなので、役割分担、当日の会場の設え等、大変でした。

総務委員会 :今回の例会でのMVPは?

濱守専務  :プレゼンをお願いしました6名の方々です。
        この例会のために多くの時間を費やして頂きました。
        有難うございました。

総務委員会 :最後に一言づつお願いいたします。

佐藤事務局長:時間の制約が無ければ、もっともっと皆さんのプレゼンを聞きたかったです。

濱守専務  :プレゼンとは別に、皆さんに会社案内を提出していただきました。
        そちらの項目の中で、「皆さんの5年後、10年後の展望」を皆さんにご記入いただきました。
        書くのに苦労していた方もいらっしゃったようですが、
        これからはよりビジョンを持って活動して欲しいと思います。

運営された事務局の皆さん、またプレゼンを発表して頂いた皆さん、有難うございました。

                                                  総務  西山貴記




     
by ofjc21 | 2011-02-21 13:20 | 例会
4月15日 商工会議所3階会議室にて、青少年育成委員会の担当による4月例会を開催致しました。
e0075103_218985.jpg
参加頂きましたメンバーの皆さん有り難う御座いました。

難しい内容の問題を取り扱いましたが、なるべく分かりやすく集中して聞いて頂けるよう工夫したつもりですが如何だったでしょうか。

『繋げるために伝えること ~若年層の就労現実~』と題しメンバーに「若年層の就労問題」の現状を把握して頂き、解決に繋がる情報を収集する足掛りとする目的でした。

e0075103_2185999.jpg
第1部〈若年層の就労状況〉では当委員会の副委員長である橋爪君により新卒者の離職率等を中心に統計的な面で就労状況について紹介、そして若年層の離職に至る背景を様々な情報を基に分かりやすい内容に置き換えて説明。

更に行政、教育機関、企業等での取り組みを紹介し、若年層の就労状況について分かりやすくレクチャー致しました。


e0075103_2195216.jpg
そして、第2部〈就労状況を改善するには〉と題しましてワークショップ形式により若年層の離職率の改善方法を各メンバー席毎に討議、1つ又は複数の改善案をまとめ、発表して頂きました。

担当は斉藤君でした。


e0075103_2202062.jpg
第3部〈まとめ〉では委員長の田代が、「①就労問題の本質」にて現代の若年層の就労問題について整理、"問題の本質"に迫り、「②就労問題の解決策」では現時点で青少年育成委員会の考える解決策を紹介。
ここまでで「若年層の就労問題」と「新卒者の離職率」のどちらも改善の重要ポイントが「求職と求人の不適合」「勤労観,職業観の醸成」「教育段階での対応」だと考えている事を説明。
「③繋げるために伝える事」では我々JCがこの問題に取り組む必要性を伝えました。
e0075103_221765.jpg


この例会アワーの先にはこれから就職・進学する若者達に少しでも役立つ内容の事業をしたいと思っています。その事業に触れた我が気仙の若者達が、就職し社会に出て本当に困った時の助けとなれたら・・・若者達が何処へ行ってもたくましく活躍出来る事が「明るい豊かな社会」に繋がると考えています。


e0075103_2222415.jpg

この例会アワーは副委員長の橋爪博君をはじめ、委員会メンバーは勿論のこと、多数の協力者の思いやりのおかげで開催に至りました。皆様に感謝致します。有り難う御座いました。


2010年度 青少年育成委員会 委員長 田代
by ofjc21 | 2010-04-19 02:32 | 例会

3月例会のご案内

3月例会アワー

例会名称  : 『和敬清寂〜協同参画まちづくり〜』
担当委員会 : 会員大会運営委員会
日時    : 2010年3月4日(木) 19:00〜
場所    : 大船渡商工会議所 3階中会議室



広く大船渡・気仙管内には、
“まちづくり”という私たちとベクトルを同じにする団体が多々あります。

行政や地元地域で活動している様々なまちづくり団体と
連動・連携、活動を協同して推し進めることにより、
私たち青年会議所が掲げる
『明るい豊かな社会の実現』という理想に近づけるのではないでしょうか。

本例会は、地元地域社会の様々な組織団体とその活動を考察し、
私たち大船渡青年会議所の存在意義と
今後の活動指針の輪郭を明確にする一助となるものと考え企画しました。

協同参画型のまちづくりの大枠を捉えることを目的とします。


メンバー皆さんの多数の出席をお願いします。


会員大会運営委員会
by ofjc21 | 2010-03-01 01:02 | 例会
 
e0075103_22252844.jpg

2010年1月14日(木)オーシャンビューホテル丸森にて(社)大船渡青年会議所新年会が行われました。
 新年会名称「最後の晩餐」ならぬ「最初の晩餐」というちょっとおふざけなタイトルとは裏腹に、今回初の試みとして、大船渡市長甘竹勝郎様をはじめとする御来賓の方々をお招きしてつつがなく執り行われました。

 御来賓を代表して甘竹市長からの温かいお言葉に続き、大船渡青年会議所OB会会長の、村上國充先輩、2010年度岩手ブロック協議会会長久慈浩介君から御挨拶を頂きました。
e0075103_23353916.jpg

 本年度は、大船渡青年会議所主管による会員大会がこの大船渡の地で13年ぶりにとり行われます。また会員大会40周年という記念すべき年にあたります。
 会員大会とは、岩手県に点在する各青年会議所メンバー約600名が一斉に集う行事であり、我がまち大船渡をPRする絶好の機会となります。岩手県で活躍する青年経済人の方々をお招きするこの会員大会にあたり主管である我々はどのような形で『おもてなし』ができるか!これからが正念場であり、我々大船渡青年会議所の真価が問われます。『大船渡の魅力』を最大限に伝える為に、再度我がまち大船渡を見つめ直し、最高の会員大会を作り上げることができるように頑張りたいと、そう思える新年会になったと自負しております。

 最後に、我が大船渡青年会議所の誇る、岩手ブロック会員大会運営委員会委員長である金子正勝君に、会員大会への意気込みを語っていただき締めとなりました。
e0075103_23375593.jpg

 御来賓をはじめ御参加頂いた各青年会議所メンバーへこの場を借りて御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
                                                       事務局一同
 
by ofjc21 | 2010-01-25 23:51 | 例会
10月7日、地域開発委員会担当による10月例会を開催しました。

e0075103_16514130.jpg


「事業企画発表会~夢をかたちに~」と題しまして、
今回は『事業』そのものについて考察し、さらには
メンバー各位に実際にその場で事業企画をしてもらう手法をもって、
事業に対する意識の向上と、我々の現在の方向性を確認する目的で
例会アワーを執り行いました。

第1部:当青年会議所の事業歴史(小泉洋)
第2部:各地の様々な事業紹介(齋藤良知)
第3部:事業企画発表会(橋爪博志)
第4部:今後の事業展開(今野義也)

2月例会との関連性、並びに9月例会との連動性もあり、
10月例会の位置づけとしてはタイムリーな内容であったと考えます。

内に目を向ける第1部と外に目を向ける第2部、さらにメンバー各位の
現在の視点を形にする第3パートを総括し、ここに9月例会と連動する
部分でもある実質的な今後の事業展開の見通しを導入しながら
我々が真に捉えるべき目的意識を見出す内容構成といたしました。

手法としましては、最初から最後まで全体を通して肩の力を抜いた
柔らかいスタイルをうちだしました。

事業企画パートでもメンバー各位の現時点の想いを優先し、
あえて事業予算や事業規模、また公益性や現実的か・JC的か等にも
一切こだわらない全くの自由な発想のもとでの企画といたしました。

またグループワークという委員会割の企画・選定・発表ということで、
各委員会の色やまとまりを見ることができたことも一つの成果であります。

今回参加メンバーから作成提出していただいた事業計画書は、
今後データ化並びに資料保存し、さらには何らかの形で公開していきたい
と考えています。

本例会は事業計画書を作成することが目的ではなく、事業について考え、
その考えを形にする過程での楽しさや難しさを体現させることが
手法としての目的でありました。

当青年会議所の時代背景を踏まえた事業歴史をあらためて振り返ってみても、
今後の公益社団法人格取得に向け、我々がなすべき活動・運動は、
何ら間違っていないベクトル上にあることを確信しました。

そこに公益法人制度改革における厳格なガイドレールはありますが、
公益法人格取得のための事業計画ではなく、我々の活動・運動が公益性を
打ちだしていけばよいという視点での捉え方が必要であると思います。

我々の目的の一つはは、まちづくりであります。
その先にあるビジョンは、明るい豊かな社会であります。

青年会議所は我々が思い描くものをかたちにできる可能性がある場であると
同時に、我々が真に捉えるべき目的意識を履き違えないことが大事であると
考えます。

今回の例会で少しでも皆様の意識やLOM活動のお役に立てれば
委員会として嬉しく思います。


地域開発委員会 今野

More 画像
by ofjc21 | 2009-10-11 17:13 | 例会

2009年度9例会報告

 2009年9月3日(木)の9月通常総会後に9月例会が行われました。

例会名称は、 ~ロード~変革への道 異論、反論、オブジェクション!!
e0075103_14475074.jpg

 この例会は、公益法人制度改革施行にあたり、大船渡JCを含めた各地区のJCが今
公益社団法人格か、一般社団法人格を2013年11月末日までに選択しなければ”解散”
という状況下の元、それに立ち向かうべく皆の意識を高めようとする例会内容でした。
e0075103_1505427.jpg

次年度体制が決定した後の例会ということもあり、プレッシャーが・・・。
が、しかし!例会が始まると同時に、組織進化委員会本来の力を発揮!
e0075103_1515535.jpg

                  熱弁を振るう佐藤浩副委員長!
e0075103_15151496.jpg

              ここぞとばかりに反駁をする斎藤由紀委員!!
e0075103_1545980.jpg

        負けてたまるかと!サイヤ人ばりの熱弁を振るう渡辺徹委員!!!
e0075103_1564375.jpg

      否定側最終弁論をすっとばし、肯定側最終弁論でだめ押しの管委員長!!!

無事にそれぞれの主張を終え、メンバー全員からジャッチ!!(ドキドキ)
e0075103_15175692.jpg
e0075103_1518964.jpg

e0075103_15193526.jpg

e0075103_15194689.jpg

それぞれの主張は決して間違っているのではなく、それぞれの目的にかなった主張で
あることは間違いではないので、ジャッチする側も選択に戸惑ったのではないかと思います。
否定側は、どちらかといえば我々の視点から見た主張。
肯定側は、地域の視点から見た主張。
どちらの主張も決して間違っているのではなく、双方の主張をバランスよく生き生きと協和させ
る事が青年会議所の活動であり、その目的意識を再確認できる例会になったと実感しています。皆様どのように感じたでしょうか?
 組織進化委員会発足から9か月。残り数ヶ月の仕事を全うし、大船渡青年会議所”アゲアゲ”で今後も取り組んでいきたいと思いますので、皆様これからもよろしくお願いします。

                                             09組織進化委員会
by ofjc21 | 2009-09-08 15:50 | 例会

6月例会報告

さて今回は6月例会報告です。(^^)/

当初、6月例会は大船渡市民の皆様と毎年実施している今出山登山でございましたが
今年は残念ながら悪天候の為、中止となりました。

従いまして今回の6月例会は商工会議所にての例会となりました。

その内容はというと・・・・・



メタボリック検診!

JCメンバー達にとっては頭の痛い(>_<)方もいらっしゃるかと思います(笑)が
日々、家庭、仕事、JC活動と多くの活動をこなす上で体は資本という事もあり、
今回はマックスイミングクラブさんの今野さんにご協力頂き実施致しました。
e0075103_17573072.jpg

今野さん日曜にもかかわらずご協力ありがとうございますm(_ _)m
e0075103_1757464.jpg


例会セレモニーも無事終了し早速検診スタートに移ります。

e0075103_17582490.jpg

メンバーの皆様、恐る恐るどんな測られ方をされるのか説明を聞きつつ興味津々です(笑)


それでは早速検診スタートとなります。トップをきって検診に向かう総務委員会、新沼幹事!
e0075103_1759955.jpg


その後。次々と恐怖の計測に向かうメンバーです(笑)
e0075103_1811946.jpg


今回はその他として体力測定も実施致しました。内容はという体前屈測定や握力測定等用意しました。
高校以来、測定した方はあまりいないのではという方が殆どだと思います。

それでは皆様、早速、計測して頂きます。まずは遠藤直前、計測です(^^)/
e0075103_1842773.jpg

e0075103_18193155.jpg

みなさん、自分の体力がどの位置にあるかホワイトボードの平均値のにらめっこです(^^)/
e0075103_1855052.jpg


さて検診も一通り終わり、閉会セレモニーへと移ります。
今回の測定で普段の食生活や規則ある生活の大事さが皆様、それぞれおわかり頂いたと思いますし今後の生活改善に役立てて頂きたいと思います。

次回の例会PRでは今年、岩手ブロック会員大会委員長の谷地副理事長よりPRがありました。
e0075103_18204021.jpg

来月は花巻にての移動例会(会員大会)となります。いざ花巻の地へ行きましょう(^^)/

                                    報告者・・・・事務局長 大友
by ofjc21 | 2009-06-16 18:25 | 例会

4月例会 御礼

 先日の例会を担当いたしました。組織進化委員会委員長の管 和男です。

大船渡JCメンバーにおかれましては、多数の出席を賜りましてまことにありがとうございます。

そして熊谷 誠哉副理事長をはじめとした組織進化委員会の皆様、連日連夜の作業

大変お疲れ様でした。皆様のおかげで無事成功におさめることができたようです。

 今回の例会名称は「組織心化(進化)へむけて~Yes, we can~」ということで

タイムリーな(遅)名称にさせていただきましたが如何でしたでしょうか?

例会内容は、昨年施行された公益法人制度改革へ関心をもってもらい

また、この新制度に対応していくには、我々JCメンバーが変革してこそである!という

内容でした。これまでの習慣を変えるということはなかなかむずかいしものですが、

青年会議所として変えてはいけないもの、そして変えるべきものを明確にしよりよい方向

へむかえるように組織進化委員会として、自分たちも含め、力になれるように頑張っていきたい

と思っております。私たちはできます!皆さんできますか?


組織進化委員会委員長 管 和男
by OFJC21 | 2009-04-08 20:17 | 例会

3月例会 御礼

昨日、青少年育成委員会担当例会を開催いたしました。

ご参加くださいました皆さん誠にありがとうございました。

委員会メンバーにおきましては、前日まで調整の作業をしていただき

夜遅くまでの作業本当にご苦労様でした。

当日は、参加くださったメンバーの方々が真剣に例会を受けていただき

非常に感激しております。

委員長になってみて、こんなに楽しいものだと改めて実感しております。

我々、青少年育成委員会は新年会・三月例会担当なので、これにて担当例会は終了です。

なにか、寂しい気分もございますが、まだまだ事業のほうが残っております。

これからもますますがんばってまいります。


青少年育成委員会 委員長 三浦英和
by ofjc21 | 2009-03-05 15:56 | 例会

2月例会

今回は先日、地域開発委員会による2月例会の模様をアップさせていただきます(^^)/

2月例会のタイトルは「魁!まちづくり」と題しての例会です。
んーーーーこのタイトルからも今年の地域開発委員会の意気込みが感じられマス(^^;)

今回の例会は地域社会の諸問題を切り口に‘まちづくり’というものを今一度深く掘り下げ、当青年会議所内のまちづくり団体としての再認識及びこれからのまちづくりの意識統一の必要性があるという地域開発委員会の考えのもと開催されました。

定刻になりスタート。
今月の例会のアワー司会担当は初司会となる小泉幹事です(^^;)
e0075103_18382078.jpg


さて第1部は地域社会の現状と題して、委員の金君より現在の地域社会の諸問題を取り上げてもらい問題提起していただきました(^^;)
e0075103_18431161.jpg


第2部は交流人口増加について委員の斎籐君より少子高齢化・流出による人口減少の問題点をとりあげていただき、それに対しての解決策を提案して頂きました。
パワフルかつ熱意あるトークでメンバーを飽きさせないような手法は圧巻でしたネ(^^)/
e0075103_18494627.jpg


第3部は地域経済の活性化と題して、顧問の橋爪顧問より第1部で提起された諸問題に対しての打開策の提案をしていただき、これまでの我々青年会議所の事業展開と効果性を橋爪顧問らしい知的なレクチャーをして頂きました。

第4部は、まちの発展の経緯と題して幹事の小泉君より我々の住むまち大船渡の発展の経緯や歴史を振り返っていただき、他のまちと比較検証しながら大船渡の特色についてレクチャーして頂きました。
e0075103_19154040.jpg

さてすんなり第5部と思いきや、ここで地域開発委員会の今野委員長の色ともいうべき、今例会のお手伝いゲストが用意されておりました。
それは意識統一と言う名の(まちづくり君こと佐藤真哉君)の登場です(^^)/昨年の謝恩会を思い出しますネ(笑)
e0075103_1974221.jpg

それにしても、小泉幹事のベテランのようなスムーズなレクチャーだったのは印象的でした。

さて第5部は、わがまちのビジョンと題して及川副委員長より例会に参加したメンバーに大船渡の特色や良い所を質問し、改めて我々の住むまち「大船渡」の特色について検証してみました。
e0075103_19195789.jpg


第6部では若者から見た大船渡と題して、現在大船渡の高校に在学中の方に協力して頂いたアンケートの発表となり大船渡船渡青年会議所の進むべき方向性と、若い方々から見た大船渡の進むべき方向性について類似点、相違点などがないか検証しました。

そしてラストでは今野委員長より、まとめとして「まちづくりはひとづくり」という捉え方から郷土愛の形成を謳っていただき、今後のまちづくりの1つのスタイルとして提案して頂き終了となりました(^_^)v

「まちづくりはひとづくり」・・・言われてみれば当たり前の気がするかもしれませんが確かに、そこに住む1人1人が魅力的な人間になれた時、まちづくりは新たな展開に進む事ができると思わされる例会でした(^_^)v
まずはこの例会の開催にあたり当日までの入念な準備をして頂いた地域開発委員会の皆様、お疲れ様でした(^_^)v今後の地域開発委員会のご活躍に期待しています。

さて次回は盛岡の地にて開催された「新春の集い」の模様をお伝えします。お楽しみに
                                          09事務局長  大友聡
by ofjc21 | 2009-02-12 19:49 | 例会