人気ブログランキング |

大船渡青年会議所の活動報告・紹介をしていきます


by ofjc21
カレンダー

<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

三分間スピーチ内容

発表者:伊藤 伸義君
テーマ:思い出深い事業・例会・出向
タイトル:エクセレント・リーダーシップ・セミナー
e0075103_10293037.jpg

お晩でございます。最近、加齢臭が気になり始めた35歳、総務委員会伊藤と申します。宜しくお願いします。
えー、このエクセレント・リーダーシップ・セミナーなんですが、なんでこのタイトルかといいますと、まずやっぱり自分がかわれたって言うことと、プラスになったっていうことなんですけども、どういう風にプラスになったかといいますと、エクセレント・リーダーシップ・セミナーというものを会社に取り入れたところ、メーカーの営業、まあ一人当たりの実績で、東北で一位をとってしまったと、まあそのエクセレントリーダーシップセミナーというものは、そのくらいものすごい影響力を持っているもので、まあこれをやろうと言い出したのが、今日は弟さんが見えてますが、及川雄右先輩でございまして、えー当時はですね、あの、それだけのすごい事業だったんで、北上に毎週通わなくてはいけないと・・・、仕事が終わって毎週通っていました。
最初は、私は苦痛って言うほうが上で、ほんとに行きだくなくっていたんですけども、当時、経営開発委員会は及川雄右委員長、副委員長は近藤浩一先輩で、幹事が私だったんですけども、よく三人で、乗り合いで車で北上に通いまして、最初は苦痛だったんですけども、自分の中に変化を感じてきまして、面白くなってきて、三人で車の中で、寝ても覚めてもエクセレントのことで頭がいっぱいだったんで、『俺たちって、JC馬鹿だな』と言いながら通ってたのを深く思い起こします。まあ、そのエクセレント・リーダーシップ・セミナーは成功しまして、その年は委員会褒章まで頂きまして、大変思い出になっております。まあ、最後に言いたいことなんですけども、エクセレントに限らず、これから皆さんいろんな事業経験していくと思うんですけど、これから関われば関わるほど、それぞれには気づきというものがございまして、みなさんにはその気づきを体験してほしいなと思います。JCに在籍してるうち、一回くらいはJC馬鹿になって見るのも良いんじゃないかと思います。以上です。(パチパチパチパチ)
by ofjc21 | 2006-03-26 22:02 | 例会
三分間スピーチ内容

発表者:佐藤恵司君 代役 加藤正知君
テーマ:JCに入会して自分が成長したと思える瞬間
タイトル:???
e0075103_22214253.jpg

いくらか、考えてました・・・。
さっきの事(キュウリがキライ)を言うとここで喋ったことによって、またみんなに知らせてしまったなと、反省しております。気にしないでください・・・。
二回目のテーマは、成長したなって思う瞬間にしたいと思います。
2003年に入会三年目で事務局次長をやらせていただきました。それで、いまやってる人の前で言うのもなんですが、結構浮いたポジションみたいな感じで、重大な仕事もあるわけでもないんですが、常任理事会の議事録をとったりって言うのが、主な仕事で、議事録って言うのは今まで採ったことなかったもんですから、やっぱりやってみると最高難しくて、一字一句書けば良いのか、遥訳すればいいのかって言うことだったんですが、遥訳しようとすると、結構やりづらくて、最初はべらべら書いてたんですが、やってる以上は要領よくやりたいなと思う方なんで段々には、やり方を覚えていいました。時には話がごちゃごちゃになって、途中でペンを投げたくなるような事もありまして・・・。もういいや、なんて思ったんですけども、結局後から苦しむのは自分なので、まあ気を取り直して書いたりしました。
えーと、議事録作成なんですが、JCの場合は理事長挨拶だとか、直前挨拶なんかも書く習慣でやってます。それらはまとめようとすると、なかなかたいしたこと・・・まあたいしたことっていうとあれなんですが。(会場 ハハハハ)たとえばかぜを引かないようにだとか、そんなことしか言ってないような時があって、一行か二行で済ませたことがあったんですよ、その時『おいおい、もうちょっと俺なんかしゃべってるべ、もっと書いてくれよ。』みたいなこと言われた時があって、『じゃあ、もうちょっと書くような事喋ってくださいよ。』と逆切れしたことがありました。やはりないものはないって事でその時は、苦笑いしてましたった。そんなエピソードです。以上です。
(会場 パチパチパチパチ)
by ofjc21 | 2006-03-25 21:57 | 例会
三分間スピーチ内容

発表者:小松真一君
テーマ:JCに入会したきっかけ
タイトル:きっかけ
e0075103_22425486.jpg

はい、会員開発委員会、小松でございます。テーマがJCに入会したきっかけでタイトルがきっかけということで、えーと私の場合はですね、きっかけと言うのもあるんですが、そういう環境が整ったと言うか、そういう感じでした。
去年、四月から皆さんのお仲間になったわけなんですが、その年は正月から消防の方で、千葉耕成さんとの長い握手から始まりましてですね、なかなか離してくれなかった握手なんですけども・・・。その後、先ほどもお話であった、鎌田 仁君が勧誘に来てくださいまして、『ぜひ俺の会員拡大第一号の会員になってくれ。』と・・・。まあ、みんなに同じようなことを言ったんでしょうけども、ちょっと粋にかんじたんですよ。
あと、私の父がJCのOBだと言うことで、そういう理解もありました。
一番は、私の中でそういう志を持った人たちがどういうことをしているのかという所に、興味があったというのもありました。
そんなこんなもありまして、あらかた一年が過ぎましたけども、目に見えてここが成長したと言うことを感じることはないんですけども、友達同士でご飯食べたり、飲んだりしてるのも善かったんでしょうけども、隣の席でスーツ着ている人たちを見て『あの人たちはなんだ?』と思っているのと、スーツをきている人たちの輪の中にいるのと多分今後のじぶんにとって大きく違うんではないかと思います。
そういうことを踏まえまして、今の自分があるのはJCに入ったのがきっかけだと言えるときが来ればいいなと思います。(パチパチパチパチ)
by ofjc21 | 2006-03-24 21:24 | 例会
三分間スピーチ内容

発表者:白崎陽彦君 代役 村上卓志君
テーマ:JCに入ったきっかけ
タイトル:???
e0075103_222192.jpg

以前、多分聞いたことある人いるかもしれませんが、またお話致します。
私、入会したのが2003年なんですが、2002年の謝恩会にオブザーバーとして参加したのが始めてでした。
えー、綾里の先輩、和田武司先輩からも二年くらいJCに入れ入れと言われてまして、高田のスタンドやってる菅原さとるさんからも『村上君JC良いから入れ。』と言われまして、JC・青年会議所と言われてもなんとなくイメージ湧かなくて、断り続けてたんですが、和田先輩が理事長やるって決まった時に挨拶周りを予定者としてやってたんですが、その時谷地さんの城山商事さんに和田先輩が行きまして、谷地真磨伎夫社長に『今度、青年会議所の理事長やります』と言ったら、谷地社長が『和田君、綾里で誰か若いやついないのか?』と言ったら俺の名前出したみたいなんですね、そうしたら『んじゃ待ってろ、俺電話すっから』と言うことになりまして・・・。
谷地社長がうちの工場に電話をかけまして、『おい、村上お前なんで青年会議所入んないんだ?あんまり和田君を困らせるな』と言われ『お前で話にならないから、アキオちゃんだせ。』と、うちの社長なんですけども・・・。
結局、俺より先に社長の方が口説かれて、その後また谷地社長から電話がかかってきて、『村上、お前のプロフィールは俺がわかるからお前判子だけもってこい』と言われ・・・。
この前、俺ルームで自分の入会申込書探したらやっぱりないんですよ。ほんとに谷地さん書いたのかどうか確認できないのですが、常任とかどうやって通ったのかな?と言うのが素朴な疑問です。(会場 ハハハハ)
以上です、どうも。(パチパチパチパチ)
by ofjc21 | 2006-03-23 21:22 | 例会
3・19(日) 13:00~
盛岡青年会議所 JCルームにて

山舘塾 塾会議に行って参りました!
私にとっては、はじめての他LOMのルームでの会議。時間より早く着いて、昼食をとり、時間を待ちました。
ルームについて、鍵がかかっていたので待機することに・・・。
そこに小川さんが登場!(同塾 盛岡JC)
見ると、骨折していた腕が復活されたとのこと。(第一講座では首から三角巾姿で登場)右手をフル活用していらっしゃいました・・・。
e0075103_20331387.jpg

にわかに、メンバーが集まり始め、会議が開始されました。
会議は、第一講座後ということもあり、終始和やかなムードで進行。この日、初めて参加した、盛岡JC 佐々木達也さん、同 尾形直昭さん、花巻JC 高橋文秀さんら三人もすぐに打ち解けてしまいました。恐るべし山舘塾。
会議の内容は、第五講座で行われる観光ガイドのルートを決める作業。
なにせ、盛岡、久慈、二戸、宮古の四箇所と午後三時からの割り当て時間で懇親会までのスケジュールでまとめなくてはならず、皆頭を抱えました・・・。
e0075103_20455051.jpg

e0075103_20461558.jpg

e0075103_20464264.jpg

e0075103_20465626.jpg

それでも、苦心の末各グループではそれぞれの持ち味を活かしたルート案が完成。
グループごとの発表に移りました。
e0075103_20485025.jpg

e0075103_2049331.jpg

ホワイトボードいっぱいに書き詰められたアイデアの数々・・・。
山舘塾の宝だと思います。
ついに、一つの案に絞り込むことができました。これを元に当塾のガイドは行われると思います。
今回参加できなかったメンバーも、このブログを見てくれれば、又は次回第二講座で経緯を聴いてくれればきっと納得してくれるはず・・・。そう信じます。
会議が終わり、何人かでご飯を食べに行くことに・・・。
ここでも、地元 小川さんのリードによりセッティング。さすが、年の功!!
しかし、お体はお大事に・・・。
e0075103_213037.jpg

次回第二講座も楽しみです。

                第23期JAYCEEアカデミー 山舘塾塾生 三浦英和
by ofjc21 | 2006-03-19 21:09 | 出向者
三分間スピーチ内容

発表者:門田晃明君
テーマ:妙に存在感を感じる人
タイトル:某コーキング屋さん
e0075103_17115754.jpg

皆さん、お晩でございます。正直、緊張しております。某コ-キングやさんと言うことで、三分間スピーチなんですけども、タイトルオチみたいなところがございまして、三分間非常につらいですけども、今日に限りまして、ご本人もいるということで、非常に参って降ります。(会場 ハハハハ) どうか、無礼講でよろしくお願いします。
まず、私と彼との出会いは、去年の地域開発委員会の中でのことでした。彼は、東京へ事業の拠点を数年間移しておりまして、青年会議所は休会という形なのか何なのか解りませんけども、そういう形をとっていたそうです。去年の委員長、加藤正知さんとは同級生みたいで、腐れ縁かどうかは解りませんけども、委員会途中配属と言う形で彼は参加なされました。彼の名前は、JCの中よりも、うちのお店のお客さんの口からたびたび出る機会がありまして、非常に興味はありました。うちのお客さんが休日になれば、かれのうちに溜まる、溜まり場になると言うことで、その存在感と言うか、下の年代まで惹きつける彼の魅力に興味がございまして、私も商売柄そういうところが羨ましいなと感じていました。
今回のテーマの中で『なんて器が大きいんだと思った人』と言った項目がございましたが、このLOMの中にはたくさんいます。まあもちろん、新沼崇久委員長をはじめ・・・・・。(門田君 身を乗り出してアピール) たくさんいます。でーあのー、もちろん彼もその中の一人なんですけれども、残念なことに気持ちの、メンタル的なものが小さいんで、今回妙に存在感を感じる人ということで取り上げさせていただきました。厳密に言いますと、気になる人・放っておけない人ということになります。
私は彼にたくさんの恩があります、。尊敬もしております。性格面もわたしが勝手に彼を分析するところ、よく言えば自分をしっかりとお持ちになっている方、悪く言えば非常にはっきりした性格をお持ちになっている方なので、人に誤解を受けたり、損をすることでさえあるかもしれませんけれども、それがかれの魅力であり、個人的に大好きなところであります。
目が・・・あいました・・・。
ある日、電話がかかってきまして、『まいど!!』彼はそういう言い方をするんですけども、『俺もさ、残りのJCライフ非常に少なくなっている。極力これからは時間を作ってさんかするからさあ、晃明よお、そんな時はお前も一緒にいてくれよな。』みたいなことを言われた時には、正直嬉しかったかな。
でーあのー、最近お体の調子も悪かったみたいで、体の方も痩せたり、後頭部あたりに変化がでてきたり、・・・・そんなところも気になります。
そんな彼とも、これからも仲良くやっていけたらなという感じはしますので、宜しくお願いします。生意気な後輩でごめんなさい、西塚さん・・・・・。
後何分あります?(タイムキーパー) 『過ぎました。』
あ!!すぎました?(会場 ハハハハハ)
ちょっと、あのサンタマリア号なんですけども、うちの母がこの間旅行に行ってきたみたいなんですけども、前回プレゼンで最後、神戸港で静かに朽ちているみたいな所があったんですけども、なんか立派に繋がっていたという話がありましたんで自分の中ではほっとしました。
終わります。
by ofjc21 | 2006-03-17 21:54 | 例会
三分間スピーチ内容

発表者:大友 聡君
テーマ:思い出深い事業・例会・出向
タイトル:『パーフェクト・ファミリー!?』での思い出
e0075103_1283230.jpg

皆さんお晩でございます。私が、そうですね『パーフェクト・ファミリー!?』での思い出ということで話さして頂くんですけども、私はJCに入って約二年ほどなんですけども、やっててよかったなと思った事業が『パーフェクト・ファミリー!?』が自分の中でもベスト3に入る事業でありまして、何でそう思ったかなんですけども、入会当初私も青年会議所は何をする所だ?と言うのが一番疑問でして、言われたとおりこの事業を手伝ってくれと言われるがままにやらされていたところがありましたけども・・・。
本番当日、私はお客さんの誘導係ということで、来たお客さんを席まで誘導しておったんですけども、一応一通り会場でリハーサルを見る機会もなくて、本番当日子供たちの一生懸命やる姿を見さしていただいて、自分より年下の子供たちがわずか数ヶ月でここまでできるもんかと思い知らされましてですね、自分の小さい頃だったらここまでできなかったろうなとつくづく感心させられました。
二回目の公演が終わって、お客さんが帰るとき忘れ物をした人がいてですね、運良く私が見つけまして、当時浦嶋先輩に報告したところ、お客さんがたまたま居合わせまして、『どうもありがとう』とお礼されて、こんな私でも人の役に立つことがあるんだなということがありましたし、もうひとつ嬉しかったのは、自分の近くに女の子がいましてその子に『どうもありがとう、おもしろかった、またくるよ。』と言われ、なんかすげー自分ってやってきてよかったなとおもうことがありまして・・・。
JCライフ、まだまだ先は長いですが、ありがとうといわれるようなJCライフを送れたらなと思います。どうもありがとうございました。(パチパチパチパチ)
by ofjc21 | 2006-03-15 22:55 | 例会
三分間スピーチ内容

発表者:福田 光君
テーマ:思い出深い事業・例会・出向
タイトル:第22期JAYCEEアカデミー
e0075103_014283.jpg

昨日まで、スピーチの内容を後でいいやと思いながら来て、結局熱を出して寝込んでしまい、やはり後でいいやというのはよくないなと思いました。JCの活動の中でも同じ事を知らず知らず内にやっているのでは?と思いその辺は不安です。フフっ・・・・・・。(数秒の間)  あっ!!・・・じゃあ、本題に入りたいと思います。(会場  ハハハハハ)
アカデミーですけど、先月の25日、第23期のアカデミーの開校式が、西和賀町の湯本ホテル、ホテルゆきっこという所で行われました。そこで、理事長の同伴で新沼智和委員長と、後現地合流で金子正勝君、金野美智子さんと五名で参加してまいりました。今思えば、去年私もあの場で開校式を迎えまして場所は盛岡で心細かったんですけども、千葉直前理事長、あとは及川先輩、後、佐藤委員長に来ていただきまして、かなり嬉しかったなと思いました。私も今年行って善かったなと思います。
今回、三分間スピーチと言うことで、JCに入って二回目なんですけども、アカデミーでもやりましたが、まあ、その時もなにを言っていいかわかんなくて、聞いたんですけども、教えてもらった事が、1エピソード話してそれをまとめると三分になりますよと、でも今もう2エピソードぐらいいってるんですけど・・・。フフフフ。   あ!!ちょっとまとめられなくなったので終わりにします。
(会場 ハハハハハ)(パチパチパチパチ)
by ofjc21 | 2006-03-14 22:44 | 例会

第2回会議所会議出席

 3月11日、第2回会員役員会議が高田の野外活動センターでありました。
 渡辺専務、福田事務局長、佐藤広報委員長と共に、私もオブザーバーとして  
 参加して参りました。
 
e0075103_113855.jpg

 会議に入り、まず驚いたのは、こちらではPCが必須だという事。
 理事の皆さんがそれぞれのPCを眺めながら、活発に意見を交換して進行
 している様子は、大変壮観でありました。
e0075103_1132152.jpg

 協議の中で、アカデミー第2講座,第3講座の事も触れられました。興味深い内容を聞くことに より、残念ながら私は第1講座は出席出来なかったのですが、次回からは無理してでも参加  したい という気持ちがより一層強くなりました。その時は是非よろしくお願いします。
e0075103_1134542.jpg

e0075103_1141983.jpg

 今回、素晴らしい先輩の皆さんを拝見させて頂き、私も勇気を貰ったような気がしました。    日々 の生活の中の小さいことからでも頑張っていきたいと思います。
         
                                     西山
by ofjc21 | 2006-03-13 09:01
三分間スピーチ内容

発表者:濱守秀和君
テーマ:思い出深い事業・例会・出向
タイトル:家族会
e0075103_015234.jpg

えー、当たらないと思っていると当たるもので・・・。
えーとですね、家族会って言うのは、昨年の8月に行った家族会についてなんですけども、その時出席はあまりよくなかったんですけど、当時の会員開発委員会メンバーが、十数人いまして、みんなすごく委員会にもちゃんと来てくれて、どういった内容で子供たちを喜ばせようかと、話し合ってやったわけなんですけども、えーとですね、縁日をやろうと、流しそうめんなんかをやったらよいのではないかと・・・。(会場 ハハハハ) いうこともありまして、やはりJCなので、いろんな業種、建築関係、電気関係、食品関係と揃っていますので、すぐ準備の方は可能になりましたので・・・。
その時は私初めて司会の方をやらせていただいたんですけども、その時の理事長の名前を『大船渡青年会議所 直前理事長 千葉耕成君』と言ってしまって、理事長がずっこけたしだいでしたけれども・・・。その話をこの間飲んでた時に言ったらすっかり忘れていたので助かりました。
まあ、あの時の反省点は、食料が大分余っちゃったんで、子供たちのことをそこいらヘン考えなかったかなと、金魚すくいをやって全然たべたりしなかったので・・・。ちょっともったいなかったかなと思っています。以上です。(パチパチパチパチ)
by ofjc21 | 2006-03-12 23:36 | 例会