人気ブログランキング |

大船渡青年会議所の活動報告・紹介をしていきます


by ofjc21
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

平成18年7月29日より開催されたJCアカデミー第5講座に出席してまいりました。今回は当大船渡JCより、私、大友(只今スーパー皆勤中)と新沼さんと阿部さんが出席して参りました。今回の会場のメインが陸上自衛隊の滝沢駐屯地ということでハラハラドギドキしながら宿泊先のグランドホテル安比に向かいました。三時間の移動の末やっと到着したところ、今年のアカデミーでは初の女性陣による受付がまってました。
e0075103_11223729.jpg
左側が陸中宮古JCの村田サンと右側が江刺JCの八重樫サン(私が所属する千葉塾ではみんなから「スージー」と呼ばれてます)です。これは疲れも飛びます。                       
e0075103_11283089.jpg
e0075103_11284973.jpg
すでに到着した方々はやる気マンマンです。
e0075103_11313064.jpg
e0075103_11314431.jpg
その後続々と各方面から皆さんも集まりだしバスにて一路、陸上自衛隊滝沢駐屯地へ向かいました 
e0075103_11352470.jpg
会場に着いて、まずしたこは自衛隊用の服装の着替えです。皆さんはすでに映画のヒーローのようになりきっている方々もいて笑いの渦でした。その後は自衛隊の幹部によるスライドを使った現在の自衛隊の説明や、過去の歴史の戦争の資料館をめぐるなど、平和のありがたさを考えさせられました。そして初日は規律訓練として各塾ごとに行進の練習をしました。かけ声一つで皆さん右に左に歩き、自衛隊スピリットを入魂したようでした。
e0075103_1144987.jpg
夜には隊員の方々により自動小銃の扱い方を説明頂いた後は
e0075103_11471747.jpg
      
e0075103_11482498.jpg
記念撮影(爆)として実際に銃を手にとり思い思いにポーズをとって撮影していました。            
e0075103_11512516.jpg
これは暗視装置で真っ暗なところでも昼間のように明るく見えるという物で実際に装着してみてその凄さも体験してまいりました。
e0075103_11542818.jpg
e0075103_11544912.jpg
e0075103_1155537.jpg
そして夜は塾会議のあと、待っていましたと言わんばかりの懇親会で、皆さん何かを発散するかのように深夜まで歌い飲んでました。ちなみに当千葉塾は深夜の三時まで飲んでいたとのことで明日の10キロの行進は大丈夫なんでしょうかと思いました。
e0075103_1252571.jpg
 
e0075103_127813.jpg
翌日は戦車の体験搭乗ということで通称74式戦車という戦車に乗ってきました。その大きさと威風堂々とした格好はリアル感抜群でした。
さて次はこの講座のメイン?でもある10キロ行進です。滝沢駐屯地内の山道を行進するというもので、前日に不摂生な飲み方をした方はやはり大変だったようです(笑)             
e0075103_12471146.jpg
e0075103_12475732.jpg
      
e0075103_12542638.jpg
      
e0075103_12555821.jpg
      
e0075103_132315.jpg
        
e0075103_12562678.jpg
さてこのセットは昼食の食事として自衛隊の皆様から渡された戦闘食で缶詰とホタテめしを真空パックにしたもので量は1.5人前分ぐらいありました。 


e0075103_1342349.jpg
さてここで問題です。この画面の中に自衛隊の隊員の方が姿をカモフラージュして隠れてます。そてどこでしょうか?





答えは下の画面のあたりに隠れてました。
e0075103_1364653.jpg

さて長かった10キロ行進も終わりに近づいた頃、岩手山がきれいに見えていました。なんか映画のワンシーンのようです。
e0075103_1314862.jpg
その後は無事、駐屯地にもど離隊式を行い、二日間お世話になった自衛隊員の皆様とお別れし、ホテルに戻って閉会式を行い無事終了いたしました。
お世話になった自衛隊員の皆様に今一度、感謝するとともに、これからの人生に今回の体験を生かして参りたいと思います。                    

                                       経営開発委員会  大友                                                                                                               
by ofjc21 | 2006-07-31 14:37 | 出向者
e0075103_20235889.jpg

7月25日に、大船渡市三陸町綾里の民宿・岡田荘さんで「合併地域の意見交換交流会」を開催し、大船渡JCから22名、三陸町から14名、出席していただきまして、無事に終了することができました。
参加していただいた皆様、ありがとうございました。この場をかりて御礼申し上げます。

                                     -会員開発委員会 一同-


                    ---ドキュメント---

前日の24日、某協会・会議室において、会員開発のメンバー、古川副理事長、経営開発の福島委員長、オブザーバーの入会申込書・書き込み予定者?Sちゃんの協力をえて、深夜にいたるまで準備をしていた。
参加人数が増えたことにより、3グループでの座談会に変更。内容を再検討した。
3グループでの座談会に不安をかくせないでいた私に、力強い声が・・・「なんとかさせます!」と小松副委員長、「なんとかするよ!」と経営・福島委員長、両名の声でした。
(頼れる友よ、さすが同い年!! 真ちゃん、福ちゃん ありがとう)
そんでもって、安心して家路につくことができた。


25日 当日、妙な緊張感につつまれながら、会は始まり、かたい自己紹介が続いていた。
その時、我が大船渡JC若手のホープ三浦君、氏名・職業そのあとに「趣味はJC活動です!」の一言。ドッと沸いた瞬間だった。(よく言った三浦君)
三浦君の一言で、若干名の三陸側参加者がJCに興味をいだいた「JCって、おもしろいのか?」
「JCって、どんなことやってんの?」などの質問。
短い言葉に、すごい威力を感じました。(すごいぞ三浦君)
e0075103_20334767.jpg


不安だった意見交換会が始まり、順調なすべりだしかと思われたが、3グループともに司会者の思い描いていたイメージどおりには、いっていない模様。
様々な意見が続出し司会者もまとめるのに困っている。
私のグループは、テーマがよくなかったためか、笑いなし・・・(こんなはずでは・・・)
今さら、テーマを変更できない。 続行。
e0075103_20295147.jpg

終盤にさしかかり、三陸側参加者からJCに対してきつい意見が、「JCの活動が地域に浸透していない」、「本当に町づくりになっているのか?やっているのか?」等。
今後の我々の課題として、貴重なご意見でした。

崇久委員長の夢には、グループ一同賛同。(くわしくは崇久委員長まで)
e0075103_20315387.jpg

参加した人みんなが、大船渡の活性化を望んでいる。
想いが一致し、三陸の人たちも「JCへの協力はおしまない」とのこと。
ありがとうございます。
e0075103_20354683.jpg
e0075103_20355453.jpg

e0075103_2038256.jpg

意見交換会も終了して、交流会へ。
会場の雰囲気は良好。
会場の所々で名刺交換、ビジネスコミュニケーション的にも、順調。

もうすぐ10時。終了時刻。
岡田荘の熊谷さんから「時間、気にしないで、ゆっくりしてげ」と言われるが。あまえられない。
(バスの送迎までしていただき 岡田荘さん ありがとうございます)

          午後10時 意見交換交流会 終了


2次会は、新入会員の甘竹君のお店、ブラッスリー・ラパンへ。
三陸の人たちにも、参加していただいた。(最後まで、感謝であります)

2次会で気になる話題があった。
三陸からの出席者・山下君が「リアル○○○○」なるお店が、岩手にあれば、流行るとのこと。
山下君の近くにいた人たちは、ドコモダケに酔わされた。 (山下君は裏JCに必要な人材だ)


楽しい宴も終わり、家にたどりついた。午前2時頃だとおもう。
テレビをつけた。「24」のダイジェストをやっていた。
観てしまった。
後悔した。

                                     -村上 卓志-
by ofjc21 | 2006-07-29 16:22 | 委員会事業

6組のカップルが誕生!

 6月17日にオーシャンビューホテル丸森にて開催されました、みなとまちづくり委員会事業「Sea-See-C」には多大なご協力を賜りましてありがとうございました。おかげさまで成功裏に終える事ができました。
 少子化問題は大船渡市においても例外ではなく、我々大船渡青年会議所として何が出来るかを考えた結果、対外的な情報発信・交流人口増加も視野に入れ、大船渡市在住の同世代の男女50人ずつを募集し、交流パーティーという形で企画いたしました。
 みなとまちづくり委員会が担当する初の対外事業であり、社団法人大船渡青年会議所としても前例の無いの試みとなった本事業ではありますが、目的実現に向けて青年会議所の参加メンバー、運営側メンバーの協力もあり、この事業の成功に向けてメンバー一人ひとりの気持ちが一つになれたという事は、今後の活動に向けて大きな成果であったと思います。また、本事業の主役であります一般参加者に対しては、運営側として至らない点もございましたが、出会いの場・ふれあいの場を提供することで、事業の開催そのものを喜んでいただけたという事、そして少子化問題に対して解決の一歩を踏んでもらえたのではないかと思います。結果として6組のカップルが誕生しました。
 「Sea-See-C」は我々の想像以上に反響が大きく、次回開催要望の声も多数寄せられております。「男女の交流」という身近なテーマではありますが、メンバー、そして参加していただいた方々に「まちづくりはひとづくりから始まる」ということを少しでも感じて頂けたならば、担当委員会としてこれ以上の喜びはございません。
 今後も、微力ではありますが、次に繋がる、繋げる為の活動をしていきたいと思います。

みなとまちづくり委員長
新沼崇久
by ofjc21 | 2006-07-27 16:13 | 委員会事業

サマコン

 サマコン、行ってきました。
 大船渡から1人というのは寂しかったけど・・・

 10時半の新幹線で出発。
 お昼過ぎに東京に着き、そのまま銀ブラ。
 資生堂パーラーで贅沢なランチ。
e0075103_115516100.jpg

 4時過ぎ、横浜着。
 高田組と合流し、サマコンサンセットクラブ会場でライブを聴きながら缶ビールタイム。
 盛岡の山添さんがいたので挨拶をしたら、そのあと日本の魂委員会の副委員長さんたちを連れてわざわざご挨拶に来てくれました。
 日本の小川副委員長さんから
 「お会いしたいと思ってました。本当に岩手のみなさんにはいろいろと頑張っていただいて、刺激を受けて協働事業に弾みがつきました」
 という感じのご挨拶をいただき、照れてしまいました。
  
 夜は釜石主催で高田・大船渡と3LOM合同の飲み会。
 中華街で中華を食べたんだけど・・
 やっぱり本場の中華は美味しいねぇ。
 「まかないで食べるみたいな、裏メニューの美味しいのない?」
 などと、みんなでわがまま。
 超満腹に食べまくってみました。
 その後のカクテルバーでは、高田・大船渡チームは疲れ切って途中退散。
e0075103_11562568.jpg
 
 メインイベントは23日の「精神ルネッサンス推進フォーラム」。
 まずは阿部官房長官の講演。(SPがいっぱいいてすごかった)
 その後、「国家の品格」を書いた藤原先生の講演。
 私たちの道徳教育が取り上げられたのはその後。
 今年、こういう協働事業をやっていますというビデオが流れました。
 その中で、私たちがやった盛小での授業の様子が1分ほど。
 嬉しいことに映像で取り上げられたのは全国で岩手は盛小1校のみ。
 なんて名誉なことなんでしょう。
 
 久しぶりの関東。
 とにかく歩く量が半端じゃなくて、足が痛くて大変でした。
 けれど、日本から取り上げてもらえるような委員会を組織することができて良かったとつくづく感じた2日間でした。
e0075103_11554015.jpg

岩手ブロック協議会
道徳教育プログラム推進委員会
委員長  金野美智子
by ofjc21 | 2006-07-25 14:36 | 出向者
現在わたしたち三陸ストーリー創造委員会では
今年度事業、三陸ストーリー創造事業「ザ☆トリプレット♫」の、
第一弾「地元ネタ研究所」から第二弾「他地域の市民ミュージカル上映会」を経て、
最終弾「みんなでミュージカルを創る会」に取り組んでおります。
この会こそ今年度、
当委員会に課せられた「ミュージカルのストーリー創り」と言う
最大目標でかつ、最低果たさなくてはならない使命になります。
そしてこの目標を達成する過程として、『みんなで創る』(市民で創る)、
という事に私たちは意義をおいて活動しています。
それではこの事業のこれまでの経緯を振り返り、現在の活動内容を紹介します。

そもそもこの事業は私たち(社)大船渡青年会議所の
創立35周年に当たる2003年までさかのぼります。
その年の2前年、日本青年会議所が50周年事業として開催した
「ミュージカル パーフェクト・ファミリー!?」を当青年会議所に持ち込み、
開催したところが発端でした。
この「ミュージカル パーフェクト・ファミリー!?」は
出演者がオーディションで選出された気仙館内に住む子供対象で、
その子供たちをプロの演出家・音楽家の指導による稽古で仕上げ、
一般向けに上演するというものでした。
開催当日はホールに詰め掛けた多くのご来場の皆さんを感動の渦に巻き込み
この事業は大成功と終わりました。
e0075103_16112766.jpg

このようないわゆる“市民ミュージカル事業”は
(社)大船渡青年会議所はおろか大船渡市でもおそらく初のこころみだったと思います。
私は当時入会3年目でしたがこの事業の実働メンバーとして、
ほぼ始めから終わりまで関わり、多くのメンバーと共に感動を味わいました。

改めまして紹介します。
本三陸ストーリー創造事業は、
当時(2003年度)の和田武司理事長が
「5年後は是非地元のストーリーで開催したい」と、公言したところから端を発し、
追い討ちをかけるように翌2004年には及川雄右理事長のもと
「パーフェクト・ファミリー!?」が二年連続開催され、
さらに翌2005年、千葉耕成理事長が
「地元主体で行うミュージカル事業の実現に向けたビジョンの策定」と引き継ぎ、
今年度橋爪博志理事長のもと「三陸ストーリー創造事業」と名を変え、
2008年度の上演を目指した継続事業です。

私はこの3年数ヶ月の間この事業に立場を変えながら関わってきた者として
これまでの経緯を噛み締めつつ、果たさなければならない責任を感じ、
2008年にこの事業を実現させるならば
今年度は必ずや脚本を完成させなければならないと考え、
脚本ワークショップ「みんなでミュージカルを創る会」を行っております。
しかし生来のサボり癖からここまでなかなか順調には進んできませんでした。
特に参加者募集に関しては大分弱り果てましたが
まわりのメンバーに支えられ何とかスタートを切ることが出来ました。
e0075103_16251468.jpg

e0075103_16253063.jpg

既に会は第2回(全5回)を終えたところです。
この会の進行には秋田県田沢湖芸術村の「劇団わらび座」より
栗城 宏氏をむかえ、脚本づくりの基本のレクチャーを受けております。
一般参加者は若干少なめですが、会を重ねるごとに『面白くなってきた』と、
いう声が聞かれ取り組む姿勢にも熱が入りだしました。
e0075103_16255484.jpg

e0075103_162669.jpg

今年度の終わりには『脚本完成!』と、報告できる手ごたえを掴みつつあります。
どうぞご期待ください。

三陸ストーリー創造委員会
委員長  加藤 正知
by ofjc21 | 2006-07-23 16:01 | 委員会事業

ミュージック・チャンス

e0075103_10334649.jpg

 今回は、「ミュージック ・ チャンス in おおふなと」
にお手伝い頂きありがとうございましたm(  )m
 思いはいろいろありますが、無事終了することが出来ました。
e0075103_10472042.jpg
e0075103_10352437.jpg

e0075103_10452582.jpg

e0075103_1046193.jpg

e0075103_10354573.jpg

只今、本選に向けて最終の準備をしてます。
予選では12組の皆さんが予選通過を果たしました。
 本選は、11:00から14:00の間で、商工会議所の敷地内に
特設ステージを作って行います。開催時間が早いため見物客を
集めるのにまた一苦労すると思われます。告知並び人集めのほう宜しく
おねがいします。予め集合時間は後ほどお知らせしますの協力お願いします。
e0075103_10411634.jpg

e0075103_1036411.jpg

e0075103_10365346.jpg

e0075103_10371022.jpg

                  みなとまちづくり委員会
                            新沼 崇久
 
by ofjc21 | 2006-07-21 19:31 | 委員会事業

理事会だより 7月編

こんにちは 渡辺です。
今日の7月理事会が開催されました。

e0075103_21345513.jpg

本日は審議事項が5項目とあまり多くなくスムーズに進行できました。

そんな中で決まったことは

 ・8月例会 「家族の絆」
  会員開発委員会の企画で楽しい楽しい家族会です。
  内容は詳しく書けませんが、おいしい物を食べて爽やかに運動する家族会らしい。

8月5日には公開オーディション「ミュージックチャンス in おおふなと」の本選が夏祭りに
開催されます。みんな運営がんばってやりましょう。
本選参加者中には凄い人がでてくるかもよ!
今回はこれくらいでおしまいです。
渡辺でした。
by ofjc21 | 2006-07-20 21:35 | 理事会
6月例会にて「株イロハ」と題して、
何かと注目されている「株」について例会を行いました。
e0075103_17355250.jpg

e0075103_17413536.jpg

ライブドア、村上ファンドなどの不祥事もあり
「株」についての知識を少しでも持っておきたいと考えている人は多いと思います。
今回の例会では、株の基本について説明をし、
その後、実践編として事例を上げてシュミレーションを行いました。
今回の例会にて伝えたかったことは、株式市場の仕組みを知り、
上場企業がどのような経営戦略をし、市場から評価されているか、
企業の「経営力」を見る眼、
そして世の中の様々な情報を自分自身の力で判断できるようになることを目的としました。
e0075103_17391527.jpg

株価を動かす根本的な要因はやはり企業の業績です。
その業績が良くなって行くのか、悪くなっていくのかを早く見極めることが大事であります。
また昨今、会社の不祥事などはすぐに株価に影響し法令遵守、
コンプライアンスへの意識、つまり企業を見る目は大変厳しくなっております。
業績は良くてもコンプライアンスが実践できない企業は市場から信頼を得ることができず、
厳しい競争に勝ち残れないといえます。
また株価は、企業の「経営力」だけではなく、政治、経済、社会の動向で絶えず上下します。
株=儲けるというイメージが強いです。
しかし将来の資産形成の中に株式運用という手段も
これからは選択肢の一つであると考えられます。
株に通じる事で、様々な情報に興味を持ち、また他業種に渡る企業を知ることで
自分自身の仕事にも役立てることができるのではないかと思います。
e0075103_1739470.jpg

今回の例会を通じて株というものは非情に奥が深く
すべてを伝えることはできなかったものの基本はわかっていただけたと思います。

経営開発委員長
福島広士
by ofjc21 | 2006-07-12 17:43 | 例会

例会直前!

昨日は例会直前の委員会でした。最後のつめで明け方までかかりました!帰りぎわ嵩久さんがル‐ムに訪れまして、作業をしていかれました。例会内容を知っていたので佐藤委員長が率直に意見を聞くことになりました!そうしたら、やはり気になっていた点を指摘いただき、やはりそうか!とあらためて考えました。泣いても笑っても今日が本番。やるしかない!!(と言いつつメンバ‐に受け入れられるかが心配) 広報委員会 三浦
by ofjc21 | 2006-07-05 11:35

e0075103_6461826.jpg
岩手ブロックの会員大会に行ってまいりました。
場所は奥州えさし藤原の里!
あいにくの雨で運営の方々は大変そうでした。ご苦労様です。
e0075103_6465368.jpg

そんな中、当LOMからも大勢で参加できたことは大変よかったの
ではないかと思います。
行きのバス車中ではDVD鑑賞会が・・・。しかし、最後まで見れず
到着ということでリモコン操作していた背中で『いいとこだったのに』の声が・・・。

そんなことはさておき、到着したら10時で、もうセレモニーが始まろうとしていました。
e0075103_6473426.jpg

雨の中、高らかに開会が宣言されプログラムが始まりました。
内容は、学び事業・遊び事業・大懇親会の三部構成で、最初の学び事業では
二つのプログラムと一つのセミナーに分かれました。

その中でも、当LOMからブロックに出向している金野美智子委員長の道徳教育
プログラムを見てきました。
e0075103_65009.jpg

e0075103_648286.jpg
僕自身、学の夏休みを見るのは三回目ぐらいなのですが、
このプログラムはやはり日々進化を遂げていました。今回はメンバーの寸劇が入り
より楽しいものに仕上がっていました。しかも劇が妙に自然でとても落ち着いていました。
時間のないところ準備したようには見えませんでした。
e0075103_649178.jpg

e0075103_653694.jpg

e0075103_65336100.jpg

e0075103_654591.jpg

遊び事業では、砂金堀、竹細工、餅つき、岩谷堂羊羹&箪笥etc...体験コーナーが
豊富で飽きさせない内容だったとおもいます。
e0075103_6515323.jpg

e0075103_6522522.jpg

今年度のアカデミー塾生の方々もたくさん来られていたようで、たくさん交流できました。
e0075103_6511582.jpg


懇親会にはいる前に渡辺専務とともに会場の食材までのベストポジションをキープ!!
さすが専務。段取りのよさは光りました。
ベストポジションすぎてメンバーのコップもはかどりました。
e0075103_6543764.jpg

卒業生の登壇(毛利さん)
e0075103_6565919.jpg

東北青年フォーラムのPR
e0075103_6551458.jpg

次年度のブロ長発表
e0075103_6553787.jpg

次の会員大会への引継ぎ
e0075103_656169.jpg

会員大会デビュー戦の僕には新鮮に写ります。
e0075103_6574863.jpg


帰りのバスではDVD鑑賞の続きを・・・。
のはずが、リモコン操作を誤り、いきなりスタッフロールが・・・。
背中では、ブーイングの嵐。恐るべし・・・。(汗)   後ろの声『泣く準備していたのに!』
ほんっとすんません。
楽しい旅路でした。


                                    広報委員会 三浦英和
おまけ
e0075103_6585571.jpg

理事長 お疲れ様です。
by ofjc21 | 2006-07-02 20:37 | その他