人気ブログランキング |

大船渡青年会議所の活動報告・紹介をしていきます


by ofjc21
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

11月臨時総会、11月例会

担当は総務渉外委員会、司会進行は9月通常総会同様門田委員長。
e0075103_21582658.jpg

議長には次年度事務局長予定者でもある大友聡君が選出されました。
e0075103_21591776.jpg

総会の議事:福田会計理事より報告がありました。
・2008年度最終予算(案)承認に関する件について
・創立40周年記念式典最終予算(案)承認に関する件について
・創立40周年記念事業最終予算(案)承認に関する件について
・創立40周年記念式典決算(案)承認に関する件について
・創立40周年記念事業決算(案)承認に関する件について
議事はスムーズに進行し、承認されました。
(出席率100%です!)
総務渉外委員会の皆さん、大変お疲れ様でした。

e0075103_220833.jpg
引き続き例会アワーの時間。今回は常任理事会の例会
タイトルは「波動‘08 Do(どぅー)でShow!!」

2008年度も終わりに近づき、今年度の各月例会、各事業での活動・運動を振り返る趣旨の例会です。
08年度委員会で担当した例会・各種事業の報告を各委員会の担当副理事長が行い、
その後委員長が2008年度の所見を熱く語りました.
改めてその活動内容を簡潔ではありますが振り返って見ます。

●40周年特別室    発表 橋爪実行委員長 熊谷副室長
いわずと知れた40周年記念事業「OFUNATO ROCK FESTIVAL'08」の成功へ向けた活動を中心に、式典懇親会の運営など、その名のとおり、40周年に特別に組織された委員会。
メンバーが心をひとつになるように、また「成功」そして「感動」へと導くために、
5月には式典懇親会のリハーサル例会、7月には記念事業の成功へと向けた意識の向上の為の例会、また全体会議や実行委員会のとりまとめなど、5年に一度(実質丸周年なので10年に一度)の大事業を大成功へと導きました。

e0075103_2215817.jpg


●地域開発委員会   発表 渡辺副理事長  金子委員長
3月に行われた青年交流事業 カップリングパーティー「LOVEコミュニケーション」、
10月に開催された「JCカップ」~FLY HIGH~」等、JCの地域活動・運動の中心となる委員会。カップリングパーティーは社会福祉協議会との協働開催となり、11組のカップルが誕生しました。二年目となる「JCカップ」は千葉の3on3バスケットボールのチーム「勉族」を招いてのパワーアップした開催でした。例会では、2月に「合併問題」9月には「危機意識向上セミナー」を開催し、
メンバーに様々な地域の問題を提起し続けました。金子委員長大変お疲れ様でした。

e0075103_2233677.jpg


●青少年育成委員会  発表 渡辺副理事長  濱守委員長
08年度は「地球環境問題」をメインテーマにし、地域の青少年の育成を主眼とする委員会活動。例会では1月に新年会、10月には環境問題に対する取り組み方を多角的にメンバーに投げ掛け、一方6月に行われた「職場体験学習」では様々な職業を子供たちに体験させる事で、子供たちに働く事の楽しさ、尊さを伝え、近年社会問題になっている「フリーターやニート」について我々大人自身が考えなければならない重要なテーマを事業を通して逆に子供たちから教えられました。濱守委員長独特の個性がひかり、子供たちの未来への架橋を作った1年間でした。

e0075103_2243329.jpg


●広報委員会     発表 佐藤副理事長  新沼委員長
情報を単なる発信の場とするのではなく、そこから絆が生まれる。その想いで活動してきた委員会。ホームページでは他団体の紹介、新メンバー紹介の新設、また周年の情報を伝えるべく、「40周年特集」を組むなど、今年のオリジナルを取り入れ、また会報碁石ではやはり40周年特集号(これから発行)、そしてHPと同じく他団体紹介のページを取り入れ、様々なまちづくり団体の情報を発信しました。また例会では3月に周年の意識統一と情報の共有化を目指した「協働」をテーマにし、6月ではリフレッシュを目的としたスポーツ例会を行いました。

e0075103_2255153.jpg


●総務渉外委員会   発表 佐藤副理事長  門田委員長
総会を中心にLOM全体 の屋台骨として活動を行う委員会。
今年は1回の例会も取り入れられ、40周年成功に向けた指導力系の例会を行い、普段とは違った総務委員会の姿を見る事ができました。
通年の活動として、JCノートの作成、総会出欠確認、総会資料の作成、卒業式の運営など、1年を通して休む間もなくLOMのために活動を続けてきました。門田委員長の個性が十二分に発揮され、総会出席率100%を達成するなど、存在感のある委員会でした。

e0075103_2275430.jpg


●会員開発委員会   発表 鎌田副理事長  谷地委員長
新入会員の入会というLOMにとって必要不可欠な重要な委員会。
今年は8名の新入会員を迎え、6月の新入会員セミナーでは間もないメンバー達を講師としてレクチャーさせるなど、敏腕を発揮した委員長。
大友幹事、今年卒業の下館副委員長を中心にバランスの取れたユニークなメンバー構成となり、8月の家族例会では碁石海岸による様々なイベントを企画し大盛況に終わりました。
メンバーの中から次年度理事予定者が早くも誕生するなど、メンバーの成長振りも目を見張る物がありました。

e0075103_2283686.jpg


●事務局       発表 村上専務
常にLOM全体の動きを把握し、大船渡JCをまとめ続けてきた事務局。
今年は特に40周年関係が忙しい中、ブロックからの依頼事項の取りまとめや連絡調整、常任理事会、理事会の取りまとめなど、本当に・・お疲れ様です。
メンバーが最強だった為か、どんな仕事も難なくクリアし、本当に「頼れる」事務局だったと思います。専務は専務らしく、事務局長は事務局長らしく、会計理事は会計理事らしく、事務局次長は事務局次長らしい理想的な事務局でした!(ほめすぎ?)

e0075103_229273.jpg


今年度総括:遠藤理事長

「波動」という力強い所信で1年間大船渡青年会議所のトップとして数々の修練をくぐりぬけてきた理事長。
今振り返ると40周年という特別な年に本当に様々な事業が行われてきましたが、全てはこの所信に行き着くわけです。
この例会の主目的は
「我々がまちづくりにどのような貢献をしてきたのか検証するとともに、基本理念そして理事長所信に基づいて活動するという、青年会議所の基本的な考え方を改めて認識して頂き、JCとしての運動の指針、LOM組織の重要性、委員会のあり方を理解する事により、今後の青年会議所活動に繋げていただく事」
でしたが、今まさに、各委員長が報告してきたもの、それがこの目的を全て形にしたものでした。
声に出してメンバーに発表する時、まさに活動してきた想いが自然と出てきて不思議な感じです。時がたつと目の前にある仕事などに没頭するあまり、こうして振り返る事自体少ないのです。そういった意味で、この例会はとても思い出に残る例会でした。

常任理事の皆さん、例会運営本当にお疲れ様でした。

                      常任理事+広報委員会

e0075103_2213534.jpg

by ofjc21 | 2008-11-23 22:33